本文へスキップ

名古屋市の浮気調査なら成功報酬型の探偵社チカタン




浮気調査 不倫調査




「うちの旦那、浮気しているかもしれない・・・」
「最近、妻の様子がおかしい?不倫してるのかも?」

そんな一抹の不安がよぎった時がありませんか?
あるいは偶然、こんな浮気の物証を見付けてしまった時、あなたはどうされるでしょうか?



そんな旦那さまの、奥さまの「浮気してるかもしれない」疑惑が、限りなく確信に変わった時。自分と愛する家族の平穏な生活を守るため、これから、どうすれば良いのでしょうか?そんなあなたのために浮気調査はあるのです。では浮気調査はどんな目的のために依頼されるものなのでしょうか?

探偵の浮気調査の利用目的例
こんな時には浮気調査をご依頼下さい

● 浮気の事実が本当なのか、確認したい。
● 浮気相手や配偶者に慰謝料を請求したい。
● 夫(妻)からの離婚請求を退けたい。
● 離婚裁判に勝ちたい。
● 浮気相手の個人情報を知りたい。
 【名前・住所・家族構成・勤務先など】

      
浮気調査・不倫調査は離婚問題が民事訴訟にまで発展する可能性がある場合や、お子様の親権争い訴訟・裁判を有利に進めるための証拠資料として、浮気・不貞行為の確固たる証拠映像を迅速かつ秘密裏に取得する事を目的用途として依頼して頂く調査です。

主に夫・妻といった法的な配偶者の他、事実婚のパートナーや嫁・婿、または交際男性(彼氏)・交際女性(彼女)を調査対象者として、浮気行為の実態をお調べ致します。

基本的な調査方法は、自宅や勤務先等から外出した調査対象者を徒歩、或いは車両等を使用して、調査対象者にわからないように尾行追跡し、この行動の流れを時間毎に映像等に記録します。後日、調査報告書として書面+映像資料として依頼者様にお渡しするといった流れが基本的な流れになります。
     


不倫問題であなたが常に有利に戦うために!
それは法律的に100%な不貞行為の証拠が必須

今、あなたが旦那さま、奥さまの不倫の証拠を掴み、それを使用して「浮気相手に慰謝料請求をしたい」あるいは「離婚を請求したい」と望まれているのならば。あるいは「夫(妻)から離婚請求されており、それを退けたい」とのご意向であれば、それを実現するためには・・・

探偵が浮気調査を実施した上で作成させて頂く【確固たる決定的な不貞行為の証拠映像の報告書】が必要なのです。法的に100%有効で、その証拠資料さえあればまず間違いなく相手の不貞行為が証明できるのが正真正銘、プロの探偵が作成する浮気調査・不倫調査の調査報告書です。

それさえあれば、今後、どのように状況が転んだとしても不倫問題・離婚問題・親権問題などの諸問題の大半は、あなた自身が終始、主導権を握りつつ有利に進める事ができるのです。



この浮気調査・不倫調査の調査で目標とされる不貞行為(※浮気行為の法的な用語)の具体的な証拠映像とは以下のようなものがあります。裁判や民事訴訟で不倫問題を戦う場合には、このような証拠が必須となります。


探偵の浮気調査で入手できる
法的に有力な不貞行為の証拠とは?

     調査対象者と浮気相手が・・・
● ラブホテルに2人きりで滞在していた証拠
● 相手宅に2人きりで滞在していた証拠
● 自宅にて2人きりで滞在していた証拠
● 自動車の車内で2人が裸で抱き合う等の証拠
● 野外で2人が裸で抱き合う等していた証拠


上記のような決定的な不貞行為のシチュエーションの証拠を掴む事が出来れば、あなたは間違いなく以後、離婚・不倫問題を有利に戦えるようになるのです。

裁判で勝てる不貞行為の証拠とは
調停員・裁判官らを納得させられる証拠


ただし、この証拠映像は、第三者(例えば、弁護士・家庭裁判所の調停員・裁判官などが想定して考えられます)が調査報告書を見て【不貞行為の事実が間違いないと納得できる】そんな100%の説得力・証拠能力を持つ調査報告書でなくてはなりません。



そのノウハウに関しては多種多項目に及びますが、基本的な部分を簡単に解説させて頂くと、下記の図解のようなものが重要視されます。



◎対象者と浮気相手、両者の人物特定が可能な鮮明映像
◎対象者らが何時何分に何処に居たのかが特定できる映像

・・・といった事が確認できる証拠資料が必須となります。

私共、プロの探偵が浮気調査・不倫調査にて取得させて頂く不貞行為の証拠がなければ、もしも今後、浮気問題が表面化した際に、浮気の被害者さまは武器を準備しないまま、身勝手な浮気の当事者らと戦う事になります。 確たる証拠が無ければ「泣き寝入り」を強いられる事は想像に難くない実情です。大切なご家族となにより、ご自分の人生を守るため、是非、浮気調査をご検討下さい。



↑↑↑
お時間があればこちらも併せて読んでおくと
不倫・浮気問題解決の参考になるかもしれません